道央 道南 道東 道北 残念 通販 ソト Link memo Top
ソトアソビ

月形町 偕楽公園 編 _2011/09/10

− Info −
・チェックイン_時間指定無し / チェックアウト_時間指定無し
・大人_200円 / 子供_200円(清掃協力費)
・期間 4月〜10月
・薪販売無
・温泉_月形温泉ゆりかご / 10:00〜21:00 大人_500円 / 定休日_第3火曜日
・問合せ先_ 0126-53-2577(偕楽公園管理棟)



この日は、朝まで雨雨雨。
お昼から晴れることを信じて、キャンプを決行!

見事に晴れてくれました。(笑

月形偕楽公園

さらに、昼に着いたのにも関わらず、テントサイトはすっかすか(笑

月形偕楽公園

いつもは、昼に着くと場所が無い状態…。
ラッキーでした。



さてさて、毎回恒例行事と化した「燻製君」

今回は、熱源を多めに入れて、ピザを焼き…

月形偕楽公園

つぎに初挑戦!!

燻製機

鮭のハラス!!!

前回の支笏湖キャンプで鮭の切り身を燻製。
60度で燻製した結果、火が通ってしまいパッサパサの焼き魚に(涙

今回は、40度で2時間。

燻製機

ものすごくいい感じだと思いません!!!???

玉子は、ゆでる段階で半熟のタイミングを逃し…

燻製玉子

でも、これはコレで美味かったです。



ココのキャンプ場は、物凄い「夕焼け」が見られます。

夕焼け

雲の感じが、すごい迫力です!

思わず見入ってしまいました。



そして、翌日…

一晩寝かせた「燻製鮭ハラス」を炭火で。

ハラス焼き

皮をパリパリに焼いて、身は脂でジューシーに。

米と鮭と味噌汁!
日本人でよかったと思う瞬間です。

そして、今回は新兵器の投入です。

先日、ラジオで「キャンプで使える岩塩プレートがある」
「肉を乗せて焼くだけで、岩塩のうまみが…」

早速、秀岳荘へダッシュ!!!

さぁ、皆さん。どんな「岩塩プレート」想像していますか!?

その正体は…

LOGOS岩塩プレート

↑これ

小ちゃっ!!

でも実力は、たしかに岩塩。
でも、生肉から焼くと、物凄くしょっぱい…。

適度に焼いておいて、上げ際にプレートに乗っけてから食べる
このくらいの雰囲気で十分です。



さて、2011年のキャンプは、今回で終了です。

今年のMVPは「鮭ハラス」でした。

来年も定番になること間違いなしです。

やっぱり、北海道。いいなぁ。
− うめの覚書 −
昼飯:ホットドッグと炭焼きピザ
晩飯:牛肉のにんにく炒め・塩ホルモン
朝飯:燻製鮭ハラス・牛肉の岩塩焼き・味噌汁



支笏湖モラップキャンプ場 編 _2011/06/25

− Info −
【フリーテントサイト】
・チェックイン_14:00 / チェックアウト_11:00
・大人_100円
・期間 4月下旬〜9月下旬
・薪販売有
・温泉_無し
・問合せ先_ 0123-25-2439(現地問い合わせ先)
・ゴミは、分別して捨てられます。



距離的にもサイト的にも、とっても使いやすいキャンプ場です。

フリーサイトも、駐車場も広く、さらに湖のほとり。
癒されるのには最高です。

デジカメを忘れて行ったので、携帯カメラで夕暮れを撮影。

モーラップキャンプ場

モーラップキャンプ場

但し、夜中まで騒がしい方々に毎回遭遇します。



今回は、「燻製たまご」を20個作成

そして、なんとっ禁断のビアサーバーを持ち込み(笑
外で飲む生ビールは最高でした。



今回は、隣に登山→キャンプの30人くらいの集団が。
いま流行の「山ガール」ってやつですかね。

入れ替わり立ち代わり、燻製たまごを食べたり、ビール飲みにきたり…

とてもにぎやかなキャンプになりました。

− うめの覚書 −
昼飯:塩やきそば
晩飯:モツ鍋・ホルモン焼き
朝飯:のこりものを焼いて食べた



ひがしかぐら森林公園 編 _2010/06/19

− Info −
【スタンダードカーサイトB】
・チェックイン_ / チェックアウト_
・1サイト 3,000円
・期間 5月〜10月
・薪販売有
・温泉_森のゆ花神楽 / 10:00〜22:00 大人_600円 / 子供_300円 定休日_無し
・問合せ先_ 0166-83-3727(ひがしかぐら森林公園管理棟)
・ゴミは、持ち帰りです。



2010年、一発目のキャンプです。

2009年は、ちょっと忙しく、友人がやっているキャンプに夜中合流して
早朝に帰るという「無理やり気分だけキャンプ」でした。

久々に、キャンプらしいキャンプです。



旭川から約一時間。
のんびりできそうな山の中にキャンプ場はあります。

東神楽キャンプ場

フリーのキャンプサイトでも良かったのですが、テントを張る場所が無かったら困るので
思い切って「スタンダードカーサイトB」を予約
写真の通り、すごく広いサイトでした。

テント2個に、タープ1個。写っていませんが、この横に車が停まっています。
更に、テント2個位張れそうなスペースが余っています。

ものすごく快適でした。



さて、キャンプの楽しみの「ごはん」

今回は、友人が自慢げに「ステンレスのダッチオーブン」を持ってきました。

何を作ってくれるのか、楽しみです。

若鶏手羽元

この手羽元が・・・

スモーク手羽元

こんな感じに(拍手)



この日は天気も良くて、自然の風景も楽しめました。

なんの花?

川

夕焼け

来年もまた来たい、と思えるキャンプ場でした。

− うめの覚書 −
昼飯:冷やし坦々麺
晩飯:手羽元・ジンギスカン鍋・燻製玉子
朝飯:鮭のカマ茶漬け・ホタテのワイン蒸し・残り野菜のホイル焼き



第3回 燻製チャレンジ _2008/10/19

前回の「道民の森キャンプ」が悪天候で、気持ち的に「不完全燃焼」だったので、
ディキャンプで今年のアウトドアを締め括ります。

で、来たのはお馴染み「月形偕楽公園」

いや〜すいてました!(^^)!

タープを、初めて全開に広げて張ることが出来ました

秋の月形公園

で、キャンプレポートではないので、手短に。

鮭のちゃんちゃん焼き

シャケのチャンチャン焼き食べました。

以上。



そんで、燻製レポート。

今回は「燻製君3号」です。

自作燻製機
随分、貫禄が出てきました。

今回の改良点は、
金串をグレードアップ(長さ45cm)
チップを入れる皿の下にも網棚を設置(床面のダンボールが燃えないように)

遂に「燻製君」も完成形になったのではないでしょうか???



燻製開始

それでは、燻製開始!

今回は、ゆで卵・牛肉を燻製にしました。

3回目ともなると、特にハプニングもなく淡々と時間が過ぎます…。

そして待つこと1時間半。

ゆで玉子の燻製

ゆで卵の燻製

牛肉の燻製

牛肉の燻製

暗くなるのが早かったので、1時間の燻製時間はちょっと短め。

さてさて、待望の卵を一かじり

「おおっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

とろとろの半熟

トロトロ過ぎる程の半熟!
しかし、漬け込んだタレの味と、燻製の香りがベストマッチ!
うまい!!

自分で言うのも何ですが「ホレました」

キャンプ仲間からも「今まで食べた中で一番うまい」と絶賛!

どうりで、今まで「うまい!美味しい」以上の感想を
言わなかったのか、解った気が…(-_-;)

牛肉の燻製は、前回よりブラックペッパーとガーリーックの量を
増やして挑戦。

結果、これも美味しく仕上がりました。

でも、肉は2時間くらい風乾したほうが、美味い様な気がしてきました。



さて、キャンプシーズンも終わりですね。

今年も楽しい「ソトアソビ」が出来ました。

一冬かけて、来年の作戦をニヤニヤしながら考える予定です。


− うめの覚書 −
牛肉を漬けたタレのレシピ::ver2
牛肉:350g
醤油:50cc
砂糖:14g
塩:5g
日本酒:50cc
黒胡椒:ミルで10回カリカリ
ガーリック:1つまみ

ゆで卵を漬けたタレのレシピ
めんみ:ちょっと甘いかな?位まで希釈
 →次回は、もうちょっと濃い目にする



第2回 燻製チャレンジ _2008/09/27

雨降りしきる中、燻製をしたい欲求を抑えきれずに強行(-_-;)

今回は、第1回目の反省を踏まえ、牛肉を漬けるタレを工夫。

更に、燻製チップは、うめらんガイドで星3個の
市川燻製屋本舗さんより、頂いてきちゃいました!(^^)!

いや〜市川さん。感謝感謝です。

燻製チップが季節品なのか、ホーマックに売っていなくて、路頭に迷い
何気に「売ってなかったんですよ〜(T_T)」と言ったら、

「うちのあげるよ」 と。!(^^)!

ええ、遠慮せずに頂いちゃいました(^^♪

でも、流石に業務用。
来年も使えそうな量でした(#^.^#)



さて、写真は無いですが「燻製君2号」をスタンバイ。

改良点は、特に無し。(おいおい)

前回と勝手が違うのは、市川さんのチップ。
10分足らずで燃え尽きてしまうので、小まめに足してあげなくてはならない。
だからと言って、大量に入れてしまうと熱源が消えてしまう。

美味いものとは、手をかけなければ生まれないと、以前に聞いたことがあります。

と、燻製を始めて30分。

事件が起こりました(T_T)

「ガシャッ!」

・・・へ?・・・

雨で濡れたダンボールが、横に広がり、棚を支えている金串の長さを
超えてしまった為、棚が落ちてしまいました。

運良く、上段の棚が落ちて、下の段に支えられていました。

もし、落ちたのが下の段なら、木屑の餌食でした(T_T)



そんでもって、燻製完成(#^.^#)

今回も60度で2時間やってみました。

牛肉の燻製
牛肉の燻製。

前回よりも味を濃い目にして作ってみました。

外はしっかり固くて、中はしっとり。
噛めば噛むほど味が出る。といった感じです。

次は、もうちょっとスパイシーにしよう!

はんぺんの燻製
はんぺんの燻製

ふっくらとした食感に、ほんのり燻製風味。
はんぺんの味を殺すことなく、いい仕上がりになりました。
(市川さんに「美味いからやってみて」と教わりました)

プロセスチーズの燻製
チーズの燻製

第1回目より、丸みを帯びています。
上手にできました

秘密は…クッキングシートです。

これも市川さんに教わったのですがクッキングシートは、煙を通して材料がくっつかない。
なので、前回のような「チーズの鍾乳洞」にならずに綺麗に出来ました。

チーズの断面

ちょっと、半生の部分が少なかったですが、トローリ具合、わかりますか!?
落ちてしまい「チーズの鍾乳洞」が出来てしまいます。(T_T)

やっぱりチーズは、温かいうちが最高!一気に食べました。



段々、燻製作りが楽しくなってきました。

あまりにも美味く出来るので「商売でもしようか?」と思うほど。

後日、市川さんに報告に行ったら、

市:「じゃあ、うちの店の後ろ空いてるから、そこで燻製屋やるかい(笑)」

う:「珈琲焙煎もやっていいですか?」

市:「いいよー。何でもやって。」

おかげ様で、楽しい趣味(燻製)が出来た事を感謝しています。


− うめの覚書 −
牛肉を漬けたタレのレシピ::ver1
牛肉:400g
醤油:大さじ3
砂糖:大さじ1
塩:1つまみ
日本酒:大さじ3
黒胡椒:1つまみ
ガーリック:1つまみ



道民の森月形地区 編 _2008/09/27

− Info −
【バンガロー】
・チェックイン_14:00 / チェックアウト_翌日12:30
・10人用_1棟1泊 5,300円 / 4人用_1棟1泊 2,650円
・期間 5月〜10月
・薪販売無
・温泉_無
・問合せ先_ 0126-53-2355(月形地区陶芸館)
・バンガローは早い者勝ち 朝9時より受付&予約可能
 バンガローと駐車場は離れています。
 バンガローまでは、荷物を歩いて運びます。
 この日は、9時半に受付をしに行きましたが、一番近い所は既に取られていました。
・ゴミは、生ゴミのみ捨てられます。(それ以外は持ち帰りです)



大自然に囲まれた、とても静かな場所です。

携帯電話が圏外になります。(auの一部機種は使用可能)

バンガローの他にもテントサイトがあり、通常のキャンプも可能です。
テントサイトは1泊1床 750円。チェックイン・アウトはバンガローと同じです。

その他、陶芸体験も出来るので、いつもと違ったキャンプを楽しめます。
陶芸は、大人 550円 / 高校生 270円 / 小中学生 無料 です。

人気のキャンプ場なので、早めに予約したほうが良いと思います。



朝晩寒くなり、流石にテントで寝るのはキツイ!というわけで、
今回はバンガローにしてみました。

月形バンガロー

しかし、この日は雨雨・雨・あめ… アメ…

一瞬の止んだ隙を見ては、荷物を運び、タープを建てて…。

バンガロー前

こんな日に、キャンプしなくても…と思うでしょうが、
バンガローを予約した手前、強行開催に踏み切ったのです。

更に私事なのですが、体調悪く、熱が37.5度の状態で行きました(T_T)

おかげで、レポート出来る内容や写真がありません。m(__)m

唯一撮った料理の写真。

石狩鍋

「石狩鍋」です。

このキャンプで、声を大きくして言えることは、
寒いときの鍋は美味い!!
という事です。!(^^)!

そして翌朝…

余りの体調の悪さに、皆を残して撤収・・・。

いい話ではなく、すみません。

でも、燻製はしっかりやってきました。(燻製レポートを見てください(^^♪)


− うめの覚書 −
晩飯:石狩鍋
朝飯:石狩鍋の残り(だったらしい)
昼飯:雨で撤収したので無し



第1回 燻製チャレンジ _2008/08/09

燻製に初挑戦してみました。

やるからには、簡単に機器まで作ろう!というのがこだわりです。
2007年度は「珈琲焙煎」に挑戦していました。(笑

さて、色々考えた末、誕生したのが ↓「燻製君1号」(*^_^*)

自作燻製機

構造は見ての通り。至ってシンプル。

工夫した点は…色々なHPにて「箱の裏にアルミホイルを貼る」とありましたが、
「あんな薄いものを貼るのが面倒くさい」
という理由で「レンジフード」をはめ込むだけにしました。



それでは、早速、炭をおこして一番下の受け皿に投入!

「燻製君」のデビューです!

と、突然ですが、初っ端からちょっと浮気(^^♪

ピザを焼いてみることにしました。

自作ダンボールオーブン

さぁ、果たして、ダンボールでオーブン代わりになるのか!?

炭を5個位入れて、フタを閉じてみました。

すると、みるみる温度が上がり、あっという間に200度突破!

キャンプでオーブン

5分位で、かなりいい香りが漂ってきました。

ん!?ダンボール臭い!??

燃える闘魂ダンボール

ダンポールの上に直接炭の受け皿を置いたせいで、床面が燃えていました。

直火OKのキャンプ場だったので、床面を切り取り続行!

焼き上がりは、最高!生地がパリパリに焼けました。

キャンプでpizza



それでは、メインイベントの燻製です。
(ピザの成功で、かなり上機嫌(^^♪)

燻製開始

まずは「塩コショウをしただけの牛肉」・「タレに一晩つけた牛肉」・「チーズ」に挑戦。



煙がモクモク

今回は「胡桃のチップ」を使ってみました

初心者は「桜のチップ」とよく耳にしますが、胡桃のチップのパッケージに
「こだわりの味」と書いてあったので、胡桃にしました(*^^)v

60度を維持するように2時間燻製。

偽ビーフジャーキー

チーズの燻製

チーズの燻製は、15分置きごとにひっくり返してあげないと、解けて網の隙間から
落ちてしまい「チーズの鍾乳洞」が出来てしまいます。(T_T)

肝心の味は…
塩コショウの牛肉 …食えるけどイマイチ
タレに漬けた牛肉 …薄めに味をつけたけど、濃い目の方が美味いかなぁ
チーズの燻製 …温かいうちは、中がトロッと半生状態!うまい!

これは、ビールがすすみます(^^♪



次に、「ミニホタテ」「うずらの玉子」に挑戦しました。
これも、60度をキープしたまま2時間燻製。

ホタテの燻製

ホタテ。メチャメチャ美味いです!
ビールが2本無くなりました

ウズラの卵の燻製

うずらの玉子は、イマイチ。

そして、「燻製は少し寝かせると美味くなる」と、どっかのHPで読んだので
1000円ショップで購入した、一人用テント「食料保管君」に入れて一晩置いてみます。

ソロテント


今日の成果



そして翌日。

牛肉は、美味さアップ!
チーズは、固まって冷えたので、美味しくない・・・
ホタテは、絶品!
うずらは・・・

と、まぁ、初めてにしては色々楽しめました。

意外と簡単に出来ます。
みなさんも、是非チャレンジしてみてください。


− うめの覚書 −
ダンボール:幅30cm 奥行き30cm 高さ適当::スーパーでGET
レンジフード:長さ90cmを三つ折(400円位)::ホーマック
炭の受け皿:使い捨てのジンギスカン皿(300円位)::ホーマック
棚受け:金串35cm(10本で500円位)::ホーマック
棚:金網27cm×27cm(1枚100円)::100円ショップ



月形町 偕楽公園 編 _2008/08/09

− Info −
・チェックイン_時間指定無し / チェックアウト_時間指定無し
・大人_100円 / 子供_100円(清掃協力費)
・期間 4月〜10月
・薪販売無
・温泉_月形温泉ゆりかご / 10:00〜21:00 大人_480円 / 子供_240円 定休日_第3火曜日
・問合せ先_ 0126-53-2577(偕楽公園管理棟)



公園の真ん中に大きな池がある自然公園です。

キャンプ場は、芝生&砂地です。
公園内は、車での走行が可能で、オートキャンプ場ではないのですが、
キャンプサイトの横まで車で行けるので、非常に楽です。



昼間の偕楽公園
札幌市内から、車で約1時間。
人気の公園です。

あまりに人気の為、週末の昼位に行くと、既にテントを張る場所がありません

ですので、狙いは2つ

@ 9時位に行って、場所をキープする。

A 夕方に行って、デイキャンプの人が撤収した所を狙う

しかありません。

フリーサイトなので、他の人の迷惑にならない常識の範囲で広く使えます。

例えば、3メートル四方のテントに、同じ大きさのスクリーンタープを
建てるという、北海道ならでは設営を楽しめます。

天気が良ければ、↓こんな夕焼けも見ることが出来ます。

偕楽公園の夕焼け



たまに、スペシャルゲストが登場します。

それがこの「ヨネヤさん」です。
多分、野良猫です。(「ヨネヤさん」は勝手に命名)

ノラ猫

食べ物を貰いに来ただけだと思いますが、しっかり人のイスを占領し、
しまいにそのまま昼寝します。

なぜか、蒼い目の「ヨネヤさん」
気がついたらいなくなっていました。

トイレは、簡易トイレですが、きちんとトイレットペーパーが補充されます。

たまーに、心無い人が、持ち去ってしまいますが…。

チェックアウトの時間が設定されていないので、ゆっくり出来るのが魅力です。


− うめの覚書 −
昼食:ホットドック&ローストチキン&ピザ
夕食:パエリヤ&スペアリブ
朝食:カレー
昼食:冷麺



洞爺湖仲洞爺キャンプ場 編 _2008/07/12

− Info −
・チェックイン_8:00 / チェックアウト_15:00
・大人_400円 / 子供_300円
・期間 5月〜9月
・薪販売有_400円/束
・温泉_来夢人の家 / 10:00〜21:00 390円/人
・問合せ先_ 0142-66-7022(来夢人の家)



洞爺湖畔にある、林間サイトです。

湖畔間際は砂利、林間部分は土です。
キャンプ場は大きく2つに分かれていて、片方が「車乗入れ不可でペット不可」
もう片方が「車乗入れ可能でペットも可能」です。



昼間の洞爺湖
見ての通り、景色は良いです(*^_^*)


のんびりご飯を食べていると、驚くべきゲストがっ!
振り向くとそこには…
野生の白鳥
俺の飯を狙うハンター… いやいや、白鳥がっ!
びっくりしますって。突然こんなのがいたら。

パンをちぎって、手のひらに載せてあげてみました(*^_^*)

「ガブッ!」

不器用なのか、加減を知らないのか、手のひらまで食われます(T_T)



そして、夕方になると…
夕方の洞爺湖
…本当は、真っ赤に染まった絶景の洞爺湖を見ることが出来ます。
(昼寝をしていて、寝過ごしました…)

洞爺湖花火大会
さらに、対岸では「連夜開催!洞爺湖花火大会」が行われます。
線香花火位の大きさに見える花火は、温泉街の灯りと共に
とても綺麗で、ビールを飲むペースが速くなります(笑)

そして、夜のお楽しみ。
エビ漁
なんと、エビが採れます。

懐中電灯と虫取り網を持って、浅瀬の湖へ。
明かりに引き寄せられるように、エビがワサワサ寄ってきます

そこを、一網打尽!!

でも、エビの方が速いので、なかなか捕まってくれません。

エビの串焼き
で、採ったエビを食べてみることに。

普通にうまい!ビールがうまい!
「さらにイカでも捕れれば、最高なのになぁ」とアホな事を言いつつ。



ネルドリップ
キャンプでの毎朝恒例の珈琲。

シャッターが早かったですが、いい盛り上がりを見せてくれます。
至福の瞬間。

なんせ静かなキャンプ場でした。


− うめの覚書 −
昼食:焼きチキン&ガーリックトースト
夕食:韓国風プルコギ&焼肉
朝食:釜揚げうどん&いなり寿司


/